ローンの返済にお困りの方(任意売却)

  • TOP
  • ローンの返済にお困りの方(任意売却)

Loan
競売にかけられる前に任意売却を

任意売却は売主様にとってかなり不利な条件である競売を回避する方法として選ばれる不動産売却方法です。

住宅ローンの返済を滞納させ続けているといずれ所有物件が競売にかけられてしまいます。競売は時価よりもかなり安く落札されやすいため、債務をほとんど減らせない上に売却益ももらえないためかなりつらい状況に追い込まれます。

任意売却をすれば時価に近い価格で売れるので債務を大幅に減らすことができその後の生活も希望が持てるようになるでしょう。豊中市のYAMADA不動産 豊中店が、任意売却の基礎知識をご紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

  • 住宅ローンを返済するのが厳しくなってきている
  • 住宅ローン返済を滞納し始めている
  • 督促状が金融機関から届いてしまった
  • ローンを支払いたいがリストラにあって困難になった
  • 離婚後もローンの支払が残っていて困っている
  • 競売はその後の生活が不利になると聞いているので避けたい
  • 裁判所から競売開始の通知が届いた
  • 相続した家のローンを払うのが厳しい

ローンの返済の支払いが困難なときは任意売却を検討

ローンの返済の支払いが困難なときは任意売却を検討

さまざまなご事情により住宅ローンの返済が困難になった場合、滞納を続けてしまうと金融機関から督促状が届き最終的にはご自宅が競売にかけられるリスクがございます。競売は物件所有者様にとって不利な条件が多く、売却後も生活が困難になりやすいものです。

そこでご検討いただきたいのが「任意売却」です。競売にかけられるまえに専門業者が介入・交渉し有利な価格で物件を売却できるシステムになります。売却後も返済のリスケジュールや引越し費用の捻出ができるなど、売主様にとって競売よりも有利な条件が多い方法です。

ただし任意売却ができる期間には限りがありますので、競売が始まってしまう前になるべく早くご検討いただければ幸いです。

任意売却と競売の違い

任意売却 競売
売買価格 地域相場に即した時価で物件を売却できるので競売よりも高額で売却し残債を減らすことが可能。 裁判所が売却基準価格(時価の70%程度)を決めるものの、その価格よりも20%下回る価格で入札できる。そのためかなり低い売却価格になる可能性があり債務も多く残りやすい
余剰金 残債があっても物件売却代金から引越し費用や当面の生活資金などの余剰金を残せるように債権者と交渉できる 法的に物件売却代金は債権者への支払いに全額充てることが原則のため、引越し費用や生活資金等の余剰金が手元に残ることはない。
引越時期
引越先
債権者と交渉することで引越し時期などはある程度の猶予をもらうことができる。
不動産会社が引越し先探しのお手伝いをすることもできる。
落札者の都合により立ち退き時期が決まるため、すぐに引越さなくてはいけない可能性が高い。強制退去請求後も居座ると不法侵入罪に問われる可能性がある。
残債務 債権者と交渉することで無理ない返済計画をリスケジュールすることができる。金融機関との交渉アドバイス等は不動産会社でも可能。
場合によっては弁護士や司法書士を不動産会社が紹介することもある。
残債務の返済方法についての話し合いは原則できない。売却価格も低めなので債務も多く残りやすく残債務の処理に苦労することが多い。
プライバシーの保護 不動産会社に任意売却を依頼すればプライバシー保護を第一に考えて秘密厳守で行動するので近所にも事情を知られにくい。 競売物件は新聞やチラシ、インターネットなどで公開されるので周囲に知られる可能性がある。
また、競売業者が近所に物件状況などを聞き込みすることもあるためプライバシー保護は難しい
生活再建 競売よりも残債が少なく、当面の生活資金や無理ない返済計画を立てられるなど前向きな再スタートを切りやすい。 自宅を失い債務も多く残っていることから心理面の負担は大きく再スタートも切りにくい。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

競売にかけられる前に
早めにご相談を

競売は時価よりも大幅に低い価格で物件が落札される傾向にあり、売却代金を使用しても残債が多く残ってしまうことがほとんどです。また、返済のリスケジュールができず新生活に向けての余剰金も残すことができないことから、競売後も先行きは不安に包まれてしまうことでしょう。

任意売却ならば時価で物件を売却できるため残債を減らすことができますし返済計画の見直しや余剰金を残せるなどのメリットがあります。売主様にとって不利な未来が待っている競売にかけられてしまう前に、早めに任意売却について当社にご相談ください。あなたのお力になれるよう全力を尽くします。

任意売却できる期間

滞納の時期 状況 任意売却の可否
ローン滞納前 毎月なんとか支払えているものの、住宅ローンの返済が厳しく感じるようになってきた。 任意売却可能
ローン滞納3ヶ月以内 金融機関から督促状や一括弁済通知が届く時期。何も行動を起こさなければ競売にかけられる可能性がある。 任意売却可能
ローン滞納4か月以内 裁判所から競売開始の通知が届く。この後4~5ヶ月以内に競売がスタートする。 任意売却可能
ローン滞納5か月以内 競売目前で裁判所から執行官が訪れ物件の写真を撮るなどの調査を開始する。ご近所にも知られ始める。 任意売却可能
それ以降 競売開始で強制立ち退きの要求が裁判所から出される。この段階では任意売却が不可能となるので早めの相談を 任意売却不可能

※表は左右にスクロールして確認することができます。

任意売却に関するよくあるご質問

任意売却をするとブラックリストに載りますか?

金融機関のブラックリストに載るのはローンを滞納されている方のみですので、任意売却のせいでブラックリストに載ることはありません。たとえばローンを数ヶ月滞納した後に任意売却を選択する場合はブラックリストに載りますが、離婚などの理由で任意売却する場合はブラックリストに載りませんのでご安心ください。

任意売却にはどのくらい費用がかかりますか?

任意売却は仲介売却と同じ扱いになりますので物件売却成立時に仲介手数料を支払う必要があります。計算式は「売買金額×3%+6万円+消費税」となりますので1000万円の売買金額ならば約40万円が手数料の上限となります。

近所の人に任意売却だと知られず売却はできますか?

競売ではインターネットに情報公開され裁判所の執行官が調査のために現地視察にくるので近所に知られる可能性が高いです。しかし任意売却は通常の不動産売却と同じ手続きで行われますので「ローン返済が苦しくて任意売却した」という事実はまず知られることがありません。

予期せぬことも考え、
早めの行動が大切です

給料の減額や失業など、ご自身の事情はだけでなく社会的混乱・経済悪化などで収入が激減する理由はさまざまございます。こうした事情から住宅ローンの支払いが困難になりそうだと感じたならばなるべく早く任意売却を検討していきましょう。ローンを滞納し続けてそのまま放置してしまうと競売にかけられてしまい、落札後は先行き不安な未来が待ち受けているからです。

任意売却では一般的な仲介売却同様に3~6ヶ月程度かかります。競売がスタートする前にことを運ぶためにもなるべく早い段階で任意売却をご検討ください。
また、当社では仲介売却はもちろん不動産買取にも力を入れておりますので、スピーディな現金化をご希望の方はぜひ当社までお気軽にご相談ください。

to top

60秒簡単入力!
完全自動のAI査定で売却相場が分かる!

AI査定で自動で売却相場が分かる!