売却後も住み続けたい
という方へ(リースバック)

  • TOP
  • 売却後も住み続けたいという方へ(リースバック)

Leaseback
売却しても住み続けられる方法!
それがリースバック

不動産売却は人生のうちでそう何回も経験するものではありません。だからこそ、人それぞれご事情があり、売却後の希望もお客様ごとに違います。たとえば「無理かもしれないけど不動産を売った後も同じ家に住み続けたい」という方もいらっしゃることでしょう。実はこの願いはリースバックによって叶えることができます。

リースバックは売却後でも家賃を払い続けることで同じ家に住みこれまでと同じ生活を続けることができる仕組みです。お子さんを転校させたくない、住み続けたまま老後資金を貯めたいなどお客様のご希望に合わせて融通を利かせられるシステムです。豊中市のYAMADA不動産 豊中店が、リースバックについてご紹介します。

こんなお悩みありませんか?

  • 住み続けたいが家を相続する人間がいないので売却を検討している
  • 子どもの進学でまとまった現金がほしい
  • 住宅ローンの返済が厳しく売却したいがそのまま住み続けたい
  • 売却したいが引越すと子どもを転校させなければいけないのが心苦しい
  • 引越しは難しいが家を売却して老後の資金を貯めたい
  • 事業資金をなんとかして捻出したい

売却しても住み続けられる
リースバック

売却しても住み続けられるリースバック

さまざまな事情によりご自宅を売却して現金化したいができればそのまま住み続けたい、実はそういったご希望を持つ方は大変多くいらっしゃいます。一般的な不動産売却では買主様に物件所有権が移りますので引渡し後に売主様は住み替えをしなければなりませんでした。そこで生み出されたのがリースバック(賃貸借契約付き売却)です。買主様に大家さんになってもらい売主様は借主となることでそのまま住み続けられる仕組みです。

売却後の住居探しが必要なく、生活スタイルも変えずに住み続けられるため多くの売主様からご好評をいただいている不動産売却方法です。

リースバックのメリット

そのまま住み続けられる 持ち家を売却したお金は自由に使える
リースバックはご自宅の売却と賃貸借契約がセットになった売却方法でお引越しの必要なく家賃を支払えばそのまま住み続けられます。ちなみに、住宅ローンが払えず滞納している状況でもリースバックは利用可能です。 金融機関でのローンは使用用途が制限されますが、リースバックによる物件売却代金は自由に使うことができます。ローンなどの借金返済はもちろん、生活資金・事業資金・教育費・医療費とさまざまな用途にご活用いただけます。もちろん海外旅行などの遊興費にご使用いただいても問題ありません。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ローンほどの厳しい審査はない 固定資産税などがなくなる
ローンでの借入れは無担保であれば年収の3分の1までに総量規制されているなど条件が厳しいものです。しかしリースバックは借入れではなくあくまでも不動産売買ですので、住宅ローン残高よりも売却価格が高くて家賃の支払い能力があるなどの条件を満たせば審査も通りやすくなっています。 所有する物件には毎年固定資産税がかかりますが、リースバックを利用すれば固定資産税が不要になります。もちろん相続できませんので相続税の対象にもなりません。支払いは家賃や賃貸用の火災保険のみになりますので住宅にかかる固定費をかなり減額できます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

人に知られなくて済む 買い戻すことも可能
リースバックによって売却した事実はご近所さんに知られることがほぼありません。リースバックでは販売広告などが出ませんし所有権が移転しただけでご自身は住み続けていますので気づかれるリスクがほとんどないからです。ご近所さんに事情を探られたくないという方でも安心してリースバックをご利用いただけます。 経済的な事情により持ち家をリースバックで売却したものの、将来的には再び買い戻したいとお考えの方も少なくありません。実はリースバックならば一定期間の賃借後、経済的余裕があれば物件を買い戻すことができます。もちろん賃貸借契約を更新してもいいですし、契約解消して引越されるのも自由です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

リースバックのデメリット

名義が変わる 売却価格が相場より安くなる可能性がある
リースバックは同じ家に住み続けることができるものの、所有権は売却先である不動産会社名義になります。そのため、将来的にご自宅をお子さんや配偶者に相続したいとお考えでも、買い戻さない限りはできないので注意しましょう。 リースバックは仲介売却と違ってなるべく高く売るといった性質の売却方法と異なります。そのため、周辺相場よりやや安い価格で売却となるケースも少なくないのです。実際の売却額は事前に提示されますので金額を見てご判断ください。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

家賃が相場より高くなる可能性がある 買い戻す場合、売却価格より高くなる場合がある
売却した後も不動産会社に家賃を支払って住み続けることができるのがリースバックのメリットです。しかしその一方で近隣の家賃相場よりも高く設定されることもあります。年間家賃の目安がリースバックの売却価格の8~10%となるので高額になる可能性は十分にあるでしょう。 再購入ができる点もリースバックの大きなメリットですが、売却した価格よりも高値になることも珍しくありません。買い戻す際にはより多くの資金が必要になると考えたほうがよいでしょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

to top

60秒簡単入力!
完全自動のAI査定で売却相場が分かる!

AI査定で自動で売却相場が分かる!