ブログ

News
修繕積立金とは

皆様こんにちは。

YAMADA不動産豊中店の高山です!

後2週間でクリスマスですね🎅🦌🌲

 

さて、マンションを購入するとなると住宅ローンのほかに修繕積立金と管理費等、様々な費用がかかります。

 

今回は「修繕積立金」についてです!

 

修繕積立金は、10年、20年先と長期にわたる建物のメンテナンスのために、区分所有者が管理組合の形で積み立てる大切な将来のための費用です。マンションの老朽化に備え、設備などを更新・維持するためには、定期的な点検や修繕は必ず行わなければなりません。

賃貸住宅では、建物の所有者であるオーナーが建物などの修繕を行いますが、分譲マンションは自分が建物等の所有者となるので、当然、その費用を用意しなければなりません。ただし、マンションは区分所有者全員で維持していくことが必要で、大規模な修繕では数千万という費用になります。

そうした費用を区分所有者が皆一括で用意することは、難しいものです。そこで、将来必要な修繕費を見積り、毎月少しずつ積み立てていく方法が取られており、それが修繕積立金となります。

 

不動産購入や売却によってかかる様々な費用。

これって何の為に払わないといけないの?」という疑問が生まれるのが当たり前だと思います。

YAMADA不動産豊中店ではそのような些細なお問合せも大歓迎!

いつでもお気軽にお問合せ、お立ち寄りくださいね♪

 

 

 

to top