ブログ

News
相続した家を売却するメリット☆

皆さまごきげんよう。

 

最近、相続の相談が増えてきました。

空き家問題なども考えると時代の流れなのでしょうか。

 

当社にも相続に関する相談が多くあり、ほとんどの方から相続した家を売却するメリットは何かという質問が多く寄せられました。

 

当社の答えとして、最大のメリットは

「早く売却した方が高く売れる可能性があり、管理の手間や費用の負担がなくなる」

建物が老朽化してからの売却は建物を解体するしかないということになり、その解体費用を売買価格から値引きすることもよくある話しです。

そうなる前に早めに売る方が高く売れることは言うまでもありませんよね。

 

また、毎年の固定資産税の支払いや定期的にメンテナンス管理をしておかなければ、トラブルが起きてしまった場合、所有者の方が責任を負わなければなりません。こういった金銭的な負担や、精神的な不安も売却することで解消できます。

 

 

相続した不動産の売却利益が大きい場合、相続から3年10ヶ月以内の売却成立であれば(相続税の取得費加算の特例)が適用となりますので売却益にかかる税金を節税することができます。 

 

 

 

お客様の立場に立ち、少しでも良い取引ができますよう尽力することが我々の責務だと考えております。

ご来店のご相談はもちろん、お電話やメールでのご相談も承っております。

電話:06-6398-7588

メール:toyonaka@yamada-realestate.co.jp

 

皆さまからのお問合せを当社スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

to top

60秒簡単入力!
完全自動のAI査定で売却相場が分かる!

AI査定で自動で売却相場が分かる!